刀剣の情報が満載!

刀剣はオークションで売却するのがオススメ?

刀剣はオークションで売却するのがオススメ? 刀剣はオークションで売却するのがおススメです。
刀剣と言うのはコレクターの人が落札する事が少なくないですが、こういったコレクターの人は落札する際に費用の上限を無くす(上限の幅を大きくもたせる)人も少なく有りません。
従って、刀剣はオークションで売却するのがおススメです。
日本最大級のオークションでは2017年8月に1千万以上の価格も付いています。
数千万円の価格が付くのは稀だとしても数百万円程度で有れば商品の価値が有れば普通に付いています。
その際に注意したいのが、「最低落札価格」制度を利用したり「落札価格の最低限の価格」を決める事です。
そういった制度等を利用せず例えば1円から出品した場合には思わぬ低価格での落札に繋がる場合も有ります。
その場合には、定額で販売した方が良い位です。
刀剣の場合武器になるとの理由や法律により業者によっては出品制限がある業者も有るので出品する前に一度細かな事を聞いて出品出来るかどうかを確認した方が良いです。

刀剣を売却する際に鑑定書は必ず必要?

刀剣を売却する際に鑑定書は必ず必要? 刀剣にはその由緒来歴を記している何らかの文書や箱などが付属している場合があります。
また、これとは別に刀剣の鑑定家が調べた鑑定書が付く場合もあります。
これらは刀剣を売却する際には特に必要なものではありませんが、あった方がより高い値段で売却出来る可能性が高くなります。
これは骨董品などに言えることですが、持ち込んだ店の担当者が商品を適正に価値判断出来るとは限りません。
全てに精通した鑑定家というのはいないのです。
従って、刀剣でもその実物を見ただけで価値を理解してもらえるとは限りません。
鑑定書があれば、いわば価値の証明書ですから、それだけ安心して値段が付けられるわけです。
もちろん、鑑定書というのは近代になってから出来たものですから、例えば家に古くから伝わるもので世間に出した事がないのであれば、そもそも鑑定を受けたことがないという場合もあり得ます。
その場合でもしっかりしたお店で見せれば価値は分かってもらえますので、鑑定は必ずしも必要とは言えません。

新着情報

◎2017/9/22

オークションで売却
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

刀剣の手入れ道具
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

刀剣の手入れ道具
の情報を更新しました。

「刀剣 鑑定」
に関連するツイート
Twitter

銃砲刀剣類登録規則が銃砲刀剣類所持等取締法に基づく登録の対象となる刀剣類を日本刀に限定し、外国刀剣を除外したことは、同法の趣旨に沿う合理性を有する鑑定基準を定めたというべきであって、法の委任の範囲を逸脱する無効なものではない。(サーベル事件)

ささま書店、刀剣本だとこんなのがあったので、ご入用の方は行くとよいのでは。激安というわけではなさそうですが 長曽祢虎徹新考(小笠原信夫) 鑑刀随録(小泉久雄) 日本刀鑑定法 (本阿弥光博・上下揃) 柴田光男氏の本が沢山

Twitterかやこ@双騎有難う再演楽しみです@kayako_sub

返信 リツイート 17:58

日刀保の鑑定会がなくなって且つ刀剣美術の誌上鑑定をやったことない人はやってみると面白いかも知れませんよ。 3月号なんて凄く面白い問題で茎情報が無く時間も限られるリアル鑑定なら私は絶対外してますw (尚、正解してない可能性w ) (一部修正再ツイート)

返信先:@2m0ORpRyEpvfB0Z スタンダードとしての鑑定スキルはあった上で、ですけども。結局のところ、この世界は素人がよってたかってあーだこーだ喧喧囂囂してるだけなんです。刀そのものに測定器をつけて分析するでもなく、かといって銘文や刀剣、材料の流通のあり方を中世史のプロが紐解いているわけでもない。ただあるのは

返信先:@kotofanatic 昔の刀剣書を理解して鑑定しているとは到底思えませんし、素人ばかりの環境で鑑定眼が進む事は無いのではないでしょうか?

Twitterクンザンカンザン@2m0ORpRyEpvfB0Z

返信1 リツイート1 15:03

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝

Q美術品や刀剣などの鑑定書のことを、二つ折りにした公文書を指す言葉から転じてなんという? A折り紙

Twitterことばのつまみぐい@tsumamiQui

返信 リツイート 昨日 23:28

RT @fukuyama_bi: 【刀剣鑑賞ガイド番外編④】 本日のテーマは、「日本刀の折紙」。 本阿弥家によって発行される「折紙」は、刀の作者を明らかにする鑑定証であると同時に、刀の質の保証書でもあります。 ふくやま美術館の小松安弘コレクションより、朱判貞宗の折紙をご紹介しま…

RT @fukuyama_bi: 【刀剣鑑賞ガイド番外編③-2】 押形をとる人によって仕上がりが変わるのは、手描きの図だからこそ。 左は、明治時代の刀剣鑑定家、今村長賀による江雪左文字の押形(dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid…)、右は当館館長、原田一敏による押形です…

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝